山京は、プロの食人、素材志向のお客様へ、新鮮な食材を提案・提供しています。また、食材の販売を通して、食の文化や豊かな暮らしへもコミットしていきたいと考えています。

青果部

食のプロの目・舌を満足できるように
鮮度・価格共安心・信頼していただけるように
そして、山京のお客様が儲かって・得をして、またお越しいただけるように
毎日が勉強であり、戦いでもあります。

食のプロの目利き・舌を満足させる挑戦

何をどう仕入れすれば、食のプロの方や食に拘りのある方の満足を得られるのか。
正直、今でも試行錯誤の毎日です。

徹底して鮮度にこだわること

野菜・くだものは鮮度が生命線です。

地元松江近郊の地場野菜などは、生産者さんから直接、又は、市内卸市場を経緯して朝採れが午前中にも店に並べれられるくらいに、鮮度が良いものを提供できますので、安心して販売させていただけています。

その中でも、特に鮮度の良いもの、地場生産ならでの特性農産物を、地産地消の考えからも力を入れています。
 

仕入れ先地域を広げてよいもの地場にないものを探しまくる

産地が異なれば市場に並ぶ野菜も違ってきますし、同じ野菜であっても、採れる時期が少しずつ違ってもきます。

山京の青果バイヤーは北は北海道から九州までの広範囲の生産者さん、各地域の市場などへ足を運んできました。そんな中で、「山京のお客さんにこんな野菜を食べていただきたいなぁ」「是非紹介したなぁ」と思う農産物も数多くありました。ところが、流通の都合で翌日配送ができなかったり、生産量の問題だったりで、なかなか仕入れが難しい状況でした。

そんな行先々の中、現在では、流通が確保できた四国、関西をはじめ、くだものが安定して提供いただける地元島根県の西部からの生産者さんや卸市場から、フレッシュで種類も豊富に仕入れ・入荷ができるようになり、更に販売の幅が広がり、提案力が増しました。
 

鮮度・品揃え・価格での信頼を得るために

鮮度の良いものがいつも並ぶ売り場造り

鮮度の良いものを販売し続けることは、今日仕入れた野菜・くだものを残さず売り切ってしまうことが一番で、毎日新鮮なものが並べられることになります。

では、残さず売り切るためにはどうすればいいのか。
そう簡単に答えが出るものではありません。

必要な販売数量だけ仕入れる?
夕方には値引きシールを貼って販促を仕掛ける?

しかも、山京スタイルの一つでもある、「豊富な品揃え」をも追い求めるとかなりの難問でもあります。
 

バケツ売り、カゴ売り、ケース売り

山京の青果売り場には、バケツ・カゴに盛った玉ねぎや人参やジャガイモ、ケースに入ったトマトやキュウリが所狭しと並びます。

如何に、朝仕入れたものを、手間を掛けずに早く見てもらえるか、コストを減らして商品価格を抑えることに反映できるか、こういったことの答えの一つです。

もちろん、キュウリ1本、トマト1個からお買い求めいただますし、傷みやすいデリケーとな野菜・くだものは丁寧に袋ずめなどもします。

大ロットでのご入用、先のご予約、価格のご相談等ございましたらご遠慮なくお声掛け下さい。
 

商品はお客様とのコミュニケーションツール

私達は商品を仕入れ・販売するプロとしてお客さんに提案させていただくこともあります。

「今日のこれは、特に鮮度がいいのでサッと湯通しして和え物がおいしいですよ!」
「この辺では珍しい野菜ですが、テンプラで召し上がってみてください!」

お客様からもご質問やアドバイスをいただきます。

「これどうやって使うの?」
「この間のやつ、煮物にしてもおいしかったよ!」
「もう少し、大振りのものを探して入れて!」

ほんとうに、ありがたいことで、お客様から沢山のことを教えていただいていますし、

お客様は何を求めているか。
我々が何を提案すべきか。

日々、その答えを見つけながら、明日の仕入れ、次の取引き先探しに生かしています。

 

PAGETOP
Copyright © 株式会社 山京 All Rights Reserved.